風俗嬢と心通わせ

悩みもまた、楽しいんです

本来「悩み」というのはくるしいものであって、決して楽しいものではないと思うんですよね。でも風俗に関しては悩むのもまた、それはそれでとても楽しいものなんじゃないかなって思うんですよ。どの風俗嬢にするのかや、そもそもどのジャンルの風俗にするのかもそうですよね。いろいろと悩むことによって、結論を出せないとしても悩んでいるというプロセスそのものが楽しいじゃないですか。しかも現実的に考えたら風俗は本当にいろんな女の子がいるじゃないですか。その中からどうしようかなとあれこれ悩むのは、男にとって最高の贅沢でもあるんじゃないかなって思いますし。だから最近では風俗に関しては自分からいろんな形で楽しむようにしていますけど、あれこれ悩んでいるというプロセスそのものもまた、とっても楽しいんです。この気持ちを味わえているというだけでも風俗を楽しんでいる価値があるんじゃないかなって。それくらい、風俗の悩みは贅沢なものなんです。

あれこそ人妻の証拠なのかもしれない

この前の人妻風俗嬢にはさすがに驚かされました。なぜならその人妻、母乳が出てきたんですよ(笑)いくら人妻だからって言っても、そこまでは望んでいないって言うか、正直、初めはどうすれば良いのか自分でもよく分かりませんでした。どう反応して良いのか分からなかったんです。驚けばよいのか、それとも感動すれば良いのか。反応に困っていると、彼女の方からいろいろとリードしてくれました。「困っちゃった?」みたいな(笑)ここらへんのくうきのよみかたもまた、人妻風俗嬢ならではなものがあるなと感じました。もちろん母乳だけじゃなく、人妻らしさは随所にありました。プレイの一つ一つがとっても丁寧なので、快感が表面上だけではなく、体の芯の方にまで響き渡すような気がしたんですよね。あれはまさに人妻だけの特権と言っても良いんじゃないかなって思いましたし、おかげで自分自身、腰が浮かんでしまうかのような気持ちにまでなってしまいました。