風俗嬢と心通わせ

時々楽しむ。それが良い感じなのかも

腹八分って言葉もあるように、満腹になるよりも少し余裕があるくらいの方が良いんじゃないのかなって。自分でもいつも思うんですけど、風俗もそうなんですよね。何発も頑張って「当分いいかな」よりも、適度に楽しむくらいが丁度良いし、それに頻繁に行くよりも、自分である程度期間を考えて遊ぶ方が結局は自分の中で程よい飢餓感があると思うんですよ(笑)「当分いいや」じゃなく、また行きたいって思うくらいがベストなのかなって思いますしね。だから風俗も自分は割とマイペースです。前のめりになってしまうような時もありますけど、そこはやっぱり多少は抑えますよね。自分である程度バランスを取ることによって、自分なりにいろいろな形を考えるようにしているんですけど、適度に楽しむくらいの方が自分には合っているってことにも気付いたので、当分はこの調子…というか、風俗とは長い付き合いになると思うのでマイペースくらいが丁度良いのかなって思いますね。

違いの分かる男になるために

ようやく風俗でもそれぞれ違いがあるってことが分かってくるようになったんですよね。風俗はいろいろなジャンル・女の子があるんです。その中から自分でいろいろと選ぶのは簡単ではないというか、自分なりにいろいろと考えるべきことだとは思うんですけど、それぞれの違いもまた、ようやく見分けられるようになってきたんですよね。だからこそ、自分が求めるものを楽しむことこそが、何より一番の選択肢なんじゃないかなって。選択肢が多ければ多いほど、いろいろなものがあります。だからこそ、その分自分でいろいろなことを考えるのもまた、とっても楽しい部分があるんじゃないですかね(笑)その点ではいわば想像力との戦いでもあると思うんですけど、それこそがいわば風俗の楽しさというか、男としての刺激を得られるのかどうかという点に直結している部分でもあるので、適当に考えるのではなく、自分なりにいろいろなことがあるんだって思って楽しむようにしています。