風俗嬢と心通わせ

まったりしたいという目的が叶った

まったりしたいという気持ち。そして風俗嬢に抜いてもらいたいという気持ち。この両者はある意味対極にあると思うんですよ。だって抜いてもらうってことはまったりとは違いますし、まったりするってことはぬいてもらうための行為ではないんです。でも、まったりしているはずがちょっとしたことで急にテンションが高くなってきてってパターンも十分に考えられるじゃないですか。それで後になってあれこれ考えるのも面倒なので、どちらの目的であっても風俗が良いんじゃないかなって思っています。序盤はまったりして、満足したら抜いてもらう。これでいいんじゃないですかね。前回がまさにそんな展開だったんです。抜いてもらうよりもまったり感を楽しみたいなって思ったんです。でもまったりするだけなら他のサービスもあるし…ってイメージしたところ、やっぱり最終的には抜いてもらいたいよなって自覚することが出来たので、まったりから抜いてもらう理想の展開となりました。

ある意味、風俗が心の拠り所なのかも

心の拠り所といえば頼りにしている存在のことを指すと思うんですけど、自分の場合は風俗なのかもしれません。なぜなら、風俗で楽しんでいる時には自分自身、余計なことを考える必要そのものがなくなるのはもちろんですけど、「週末は風俗に行こう」とか「帰りに風俗に行こう」と思うとテンションが高くなるし、面白くもなんともない仕事も頑張ろうって気持ちになるんですよね。だから風俗こそ、自分にとって心の拠り所と言っても決して過言ではないんじゃないかなって思っています。むしろこれだけ楽しませてもらえているんです。こっちが風俗に感謝する側なんじゃないかなって気持ちもありますよね(笑)もしも風俗がなかったら、自分はいったい何を楽しみにして生活を送っているんだろうって思うこともあるくらい、風俗への依存度が高まっているような気がするんですけど、それだけ楽しい世界だからこそ、仕方ないんじゃないかなって思って割り切って楽しんでいます(笑)